蝙蝠の映画館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホノカア・ボーイ

ぃやぁ、しばらく。
マジ空けすぎた。

前回から今回の作品まで、まったく観てなかったわけじゃない。
ただたくさんあるから、そのへん端折っていきます

ホノカア・ボーイ

監督:真田敦
原作:吉田玲雄

ジャンル:ドアマ
公開年:2009
制作国:日本
配給:東宝

出演:岡田将生(レオ)
   倍賞千恵子(ビー)
   長谷川潤(マライア)
   松坂慶子(エデリ)
   喜味こいし(コイチ)



大学を休学し、ハワイ・ホノカアへ来たレオ。
その町の映画館で働きながら、ある日ビーと出会う。
そしてそれ以降ビーの家で毎日ご飯を食べる。
そんなある日、レオはマライアに恋をする。



岡田くんとハワイの魅力がこの映画を観るきっかけになった。
とにかく、町がすてき。
すごくゆったりしてる。

そういう町で暮らすなんてすごくうらやましいし、
しかも映画館で働くなんて!!
でも、あたしに休学する勇気はない。残念。
やりたいことすればいいのに、
行きたいとこ行けばいいのに、
学校に行く意味とか、わかりもしない将来のこと
難しく考えちゃうあたしには、きっとこういう生活は無理なんだろうなって思った。

単純に、ふらっと生きて、死ぬ。
そういう生き方も、いいと思う。すごく。

最後に・・ちょっとネタバレ(?)っぽいのですが
「同性愛」を「愛に壁なんてない」って訳すシーンがある。
この訳、けっこうお気に入り
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。